アロマテラピーの基礎知識
<< フェイシャルスチーム(ハーブ) | main | ハーバルバス >>
蒸気吸入(ハーブ)
ハーブに含まれる精油など成分を熱湯で揮発させ蒸気とともに吸い込むのが蒸気吸入です。鼻やのどの粘膜に有効成分を直接作用させることができるほか、蒸気の温熱による血流促進効果や保湿効果も期待できます。

アロマテラピーでも精油を用いて行いますが、メディカルハーブを使用すると作用が穏やかで刺激が少ないため、小さな子供や高齢者のケアにも使えるというメリットがあるそうです。
蒸気吸入の方法

1) 洗面器にハーブを入れ、熱湯を注ぐ。
2) 蒸気を逃さないように頭からバスタオルをかぶり、深呼吸するように湯気を鼻と口から吸い込みます。

*揮発性成分が目の粘膜を刺激するおそれがあるので、必ず目は閉じましょう。また、お湯の温度が高いので、顔を近づけすぎないように注意が必要です。
>> 参考文献 読書

4490107099メディカルハーブの事典?主要100種の基本データ林 真一郎 東京堂出版 2007-04by G-Tools


4262164764ハーブティー事典?自然の恵み、植物のチカラで健康になる! 108種の効能から味・香り利用法まで解説佐々木 薫 池田書店 2007-04by G-Tools


4415015158こころと体に効くハーブ栽培78種?ハーブのすばらしい魅力を味わうために宮野 弘司 宮野 ちひろ 成美堂出版 2001-03by G-Tools


メディカルハーブ検定テキスト?特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会認定 公式テキスト

ハーブ検定1・2級?ハーブのある暮らしを実現する (日本ハーブセラピスト協会認定図書)


Category ハーブ利用法 * Permalink *